トナーのタイプを覚える

トナーの種類と性能

企業などで多く使用されているレーザープリンターは、短時間で大量の印刷をすることが可能で、経費の削減や仕事の効率化にも結びついています。印刷に使用されるトナーはインクではなく粉が使われており、「ブラック」「マゼンダ」「シアン」「イエロー」の4色のトナーで印刷を行なっています。取り換えは簡単に行なうことができますが、レーザープリンターには大型のものが多いため、それにともないトナーもインクジェットに比べると大型のものが多くなります。
インクに比べると長持ちするトナーですが、交換の頻度が少ないというだけでトナー自体の値段は高いものが多くあります。とくに純正品と呼ばれるメーカーが発売している正規品は、プリンターとの相性は良いもののしっかりとした価格設定がなされています。さらにトナーには他のメーカーが作っているものもあり、廉価版として販売されているものもあります。
廉価品はプリンターとはメーカーが違いますが、国内製品用のトナーとして作られているので問題なく使えるものがほとんどです。一度使用したトナーを再度製品化したリサイクルトナーと呼ばれるものも存在し、性能は純正品とほとんど変わりはなく価格も安いものの、純正品に比べるとトナーやプリンターとの相性によって不具合が出てしまう場合もあります。

リサイクルトナーを選ぶ時の注意点

最近どんどん需要が高まってきているのがリサイクルトナーです。純正品に比べるとその価格はなんと50~90%も安いというのがなんといっても最大の魅力です。純正品を回収して作られているのである程度信頼はできるのですが、使用するうえでいくつか注意しておきたいことがあります。まずは初期不良のリスクに備えて予備のトナーを必ず用意しておくことです。
リサイクルトナーは、純正品と比べるとやはり不具合の確率は高くなります。そうなった時に慌てなくていいように予備のトナーは置いておきましょう。次に長期保証がついたリサイクルトナーを選ぶことです。インクの不良であったり動作不良などがあった際には代替え品を送ってもらえるという保証です。これを無期限で対応するというお店を選ぶようにしましょう。
また、万が一プリンタが故障してしまった場合には、その修理費用を何年か保障するといったお店や、実際に使ってみて満足できなかった場合には商品代金を返金してくれるというようなお店もあります。これくらい手厚い保証があればリサイクルトナーといえども安心して使うことがききます。買う際には保証サービスがしっかりと整っているお店を選ぶようにして下さい。

カテゴリ

見所一覧

カレンダー

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

インフォメーション

カテゴリ:インクトナーの基礎

無駄の無い一般的なトナーの使用

トナーは純正に限ります トナーを購入する際に気をつけて購入したい事があります。トナーとして出回っている物の中には、リサイクルトナーと純正トナーが有りますが、リサイクルトナーは価格…

もっと読む

カテゴリ:トナーを買う

価格と使い勝手を考慮

レーザープリンターに欠かせないトナー レーザープリンターの印刷には、トナーと呼ばれる粉を使って印刷をしています。家庭などで多く使われているインクジェットプリンターに比べてより早く…

もっと読む

カテゴリ:インクトナーの基礎

トナーのタイプを覚える

トナーの種類と性能 企業などで多く使用されているレーザープリンターは、短時間で大量の印刷をすることが可能で、経費の削減や仕事の効率化にも結びついています。印刷に使用されるトナーは…

もっと読む

カテゴリ:トナーを買う

トナーの品質で注目するポイント

トナーを長持ちさせる方法 トナーを長持ちさせるには色々と方法がありますが、まずはトナーを入れている印刷機を陽の当たる場所に置かないようにしましょう。いくら印刷機だからトナーは直接…

もっと読む